ごあいさつ

  • 九大建設の「ひのきハウス」は、当社が基本とする自然素材への究極のこだわりをカタチにした家づくりです。
  • 家は第一に堅牢である事。次に健康的な空間である事。
  • さらには、生き方を主張できる美しさを持っていることだと考えています。
  • たくさんの新素材が誕生している現代に、あくまで自然の素材。
  • しかも日本が古来より最高の建材として使ってきた檜材・杉材を中心に家づくりをしています。
  • 千年も昔の檜の建造物が今も美しい形で、実在しているのは、自然木の先天的な強さと風土に適した素材だからです。
  • ホルムアルデヒドをはじめとするシックハウスの原因は、安易な素材の選択にあると言われています。
  • ひのきハウスは国産の檜を主に、漆喰や珪藻土、紙や石といった自然の素材の潜在能力を最大に引き出し、独自の工法とデザインで、新しい家づくりを推進しています。
  • 「この家が家族のやすらぎの場になる・・・」その時を想いながら、そこに暮らす人の健やかで、幸せな人生を祝福できる家を今日も提供し続けています。

株式会社 九大建設 代表取締役社長 大隣 重幸

■商号

  • 株式会社九大建設

■所在地

  • 鹿児島県南九州市知覧町郡17809-1
  • TEL 0993-83-2800 FAX 0993-83-4188

■会社設立年月日

  • 昭和50年3月11日  千葉県我孫子市にて設立

■会社機構変更

  • 平成元年6月20日
  • 有限会社 九大建設から 株式会社 九大建設に改め施行
  • 全国でもいち早くOMソーラーを取り入れた一般住宅建設の他、マンションや大手スーパー、店舗医療施設等を手掛ける。 

■主な実績

  • 高松マンション・石淵ビル・西井酒店筑波店・橋間ビル・小沢医院・東窪工業(株)工場・平賀書店・ゆきや呉服店・シャレードビル・油装江戸川工場・石川ビル・浦安歯科医院・高橋歯科医院・淺川歯科医院・黒田マンション・アズマコーポ・魚金本店等の他、戸建て住宅約300棟

■本社移転

  • 平成4年11月14日 鹿児島県川辺郡知覧町に本社を移転
  • 以後、現在に至るまで、一般住宅約300棟の他、花牟礼マンション・イルカ歯科医院・江平胃腸科内科医院・古市呉服ふとん店等、マンション・医療施設・店舗・その他を幅広く手掛ける。

■第1モデル展示場完成 平成12年3月

■第2モデル展示場完成 平成14年4月

■第3モデル展示場完成 平成18年8月  

■資本金 10,000,000円

■代表取締役 大隣 重幸

■業務内容

  • 建築工事の請負及び設計、施工、監理
  • 土木工事請負及び設計、施工、監理
  • 上記に付帯する一切の業務
  • 宅地建物取引業

■主要取引銀行 鹿児島銀行・鹿児島信用金庫

■建築業の許可 鹿児島県知事(般-17)第10686号

■宅地建物取引業免許 鹿児島県知事(4)第4166号