無垢の木の家

南九州市の新築をご紹介します。

キッチン

職人の手造りのカウンターと食器棚を備えています。

木製のよいところは、視覚的にも触覚的にも優しい感じがすることと、経年していっても時を経過した味がまた出ててくるところです。

カウンターには、杉の一枚板を使用。

食器棚の下部は、将来のことも考えて、引き戸にも開き戸にも選択できます。

こちらの施主様は車椅子のことも考えて、引き戸を選択されました。

ゴミ収納できる引き出し。

リビング

天井は格天井。寺院などで採用される格式ある天井です。

梁は、杉と檜です。その間を埋める四角い木材は、杉の根の部分の希少な材料になります。一枚一枚、どれひとつ同じ模様はありません。

こちらは和室の天井。

しっとりと落ち着いた雰囲気に美しい木目が生えます。

こちらは子供部屋。

木材は表に出してデザインに活かしています。綺麗な梁だからこそできる手法です。

廊下にも美しい木を使用しています。

ウォークスルーのクローゼットの天井も、美しい木材を使用しています。

木材の優れている点は、ビニール製のクロスよりも調湿作用に優れているので年間通して身体にも気持ち良いことと、クロスのように経年劣化による張替えの必要がないことです。

押入は見えない部分ですが、ヒノキ、杉、桐などの本物の木材を使用しています。通気性の良くない押入こそ、みえなくても本物の木材を使用します。

関連記事

  1. 真壁工法
  2. 本物と張り物
  3. 建築現場はモデルハウス
  4. 自然の価値
  5. 世界で愛される漆喰壁
PAGE TOP